お金を借りられない


消費者金融から融資を受けるには、いくつか条件があります。それは借りても返済できるだけのお金のある人ということです。会社員など定職を持っている方、またはアルバイトでも毎月収入のある方であれば、安定した収入があるとみなされ、問題なく借りられる可能性は高いです。定職を持っており、初めて消費者金融を利用する方なら、ほぼ問題なく家賃分のお金は借りられるでしょう。家賃ぐらいの少ない金額だと、高額融資に比べると、融資も受けやすいです。ただアルバイトの方だと月収が少ないので、家賃分のお金を借りられないかもしれません。

総量規制総量規制という制度があり、年収の3分の1までしか借りられないようになっています。そのために、すでに年収の3分の1まで、どこかの消費者金融で借りている方は、他社からの借り入れは出来ません。また近い間に、融資を受けてから延滞した方や踏み倒した方、債務整理をした方も、借りるのは難しいです。

いくらお金が必要だといっても、一度に複数社に借り入れの申し込みをするのも良くないです。このような方は、お金に相当困っていると見なされ、融資を断られる可能性が高いです。申し込むならば、1社だけにしておくのが、無難です。